ニンテンドースイッチの充電グリップやプロコントローラーを買う必要は?充電方法や本体容量に関して

スイッチのアレコレ。

ニンテンドースイッチ予約できましたか?
通販だとサイトが落ちまくりで大変ですよね・・。
都会じゃなければ電話で間に合うかもしれない!!
筆者は無理だと思って電話OKな店舗で済ませましたよ( ‘ω’)

予約した割りには、中身をあまり知らないのでアレコレ調べました。
今回は充電や容量に関して分かったことを書きます。
よく知らない方は参考にどうぞ(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

★バッテリーに関して
スイッチは家でも外でも遊べるハードなので、バッテリーの持続時間は重要です。
公式で以下の情報が発表されました。

・本体は2.5~6.5時間
・ゼルダで約3時間

・ジョイコン(コントローラー)は20時間

本体は直接ACアダプターをつないで充電しながらプレイ可能です。
家で遊ぶ場合はジョイコンのバッテリーが気になるところ。

充電方法は3つある模様。
・本体に接続してドックに置く
・本体にACアダプターを付け、携帯モードで使う
・充電グリップに付ける

グリップはこれ↓↓↓

付属品のグリップは充電機能を備えていません。
20時間使えるとはいえ、HD振動などフルに使ったら意外と足りなくなるかも。
場合によっては別売りの充電グリッププロコントローラーが必要になるでしょう。
プロコンはワイヤレスで40時間持続

★追記
充電グリップの利点を2つ思いつきました。
1つはTVモードでジョイコンを外した後、充電のために本体に取り付け直す手間をなくすこと。
1つはもう1セットジョイコンを買った時の充電する術です。
実際に使ってみて気づくことでした(*_ _)
はじめてのニンテンドースイッチ!使ってみた感想とキャプチャー機能に関して

一方、外で遊ぶ場合は本体のバッテリーが気になりますね。
長時間やるにはUSB Type-Cに対応したモバイルバッテリーを持ち歩くかACアダプターで充電しながらプレイするしかなさそう。
どうやら自力のバッテリー交換は不可能な様子

ゼルダで3時間だから、みんなでパーティーゲームをすればあっという間な気もします。
目玉の機能も充電が持たなければ台無しです・・。
コンセント商法始まる( ‘ω’)

★容量に関して
スイッチ本体の容量が32GBしかないのは少し痛い。
一部はOSなどで使用されるため、実際はもっと少なくなります。
例えば新作のゼルダ(13.4GB)をダウンロードするとそれだけで半分使うことに。
ダウンロードソフトをたくさん買う人はmicroSDが必須となるでしょう。

microSDXCまで対応しているので、金さえあれば容量の心配はありません。
参考までにアマゾンだと64GBは3,180円するようです。
64GB~2TBのカードをmicroSDXCと呼ぶそうな

その他、スイッチにはキャプチャー機能が付きました。
筆者の場合はブログ用にスクリーンショットや動画を撮りまくるため、そこで容量を食いそう。
セーブデータだけなら32GBもあれば余裕だと思いますが、たくさん撮る方は注意です。

以上、充電と容量に関してでした。
予約が始まって周辺機器がたくさん出てきました。
何か参考になれば幸いです(*_ _)

予約した方は発売日を楽しみに待ちましょう(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク